スポンサーリンク

【実験コーナー】ダウの犬 運用状況2021年2月

ダウの犬

2021年「ダウの犬」投資法にチャレンジしています。昨年の年末に、NYダウ30の中から配当利回り1位〜10位を各銘柄10万円程度、合計100万円分購入しています。

「ダウの犬」とは
  • 年末に配当利回りの高い10銘柄を均等に購入
  • 1年後、年末に配当利回りを再確認しリバランス
  • 売却なし、1年ホールド。配当金は再投資

次の年末まで放置する手法なので、逐一チェックする意味はないのですが、1ヶ月半経過した現在の状況を書いてみます。

スポンサーリンク

ダウの犬 運用状況

評価額

10銘柄合計で、取得額:$9,251、評価額:$9,484。現在の含み損益は約24,500円です。

損益率

ティッカー銘柄評価損益率
CVXChevron12.15%
IBMIBM-4.69%
DOWDow8.21%
WBAWalgreens Boots Alliance23.57%
VZVerizon Communications-3.22%
MMM3M0.89%
CSCOCisco Systems2.42%
MRKMerck-8.30%
AMGNAmgen1.42%
KOCoca-Cola-8.54%
ダウの犬10銘柄2.52%

評価額

配当金

配当金は今のところ無しです。

この10銘柄だと、最初の配当金は4/1のコカ・コーラ[KO]です。

スポンサーリンク

振り返り

ETF比較

DIA

ステート・ストリート社のETF「DIA」は、NYダウ指数と連動するETFです(SPDR ダウ・ジョーンズ工業平均ETF)。つまり、NYダウ30銘柄全てを購入したのと同等のはずです。このETFと比較してみたいと思います。

同タイミングでのDIAの株価は、昨年末:$305.79、現在値:$314.92、評価損益率:2.99%です。

ダウの犬が2.52%ですから、負けてますね。

もし同じように、年末にDIAを100万円分購入していたとしたら、3万円の利益が出ていたはずです。

その他

DIA以外のETFも含めて、有名どころを表にまとめてみました。

銘柄数評価損益率
ダウの犬102.52%
DIA302.99%
VOO5004.34%
VTI3,5005.82%
VT8,0005.97%

まぁ、想像通りですが。。。

考察

わざわざNYダウから10銘柄を選んで投資するより、DIAやVOOなどのインデックス・ファンドを購入したほうが利益が出ていた、という結果です。

1年間放置の手法ですから、次の年末に評価すべきことなので、中間報告、参考程度に見てみました。

銘柄別の状況を見てみると、もし、10銘柄分散投資ではなく、ウォルグリーン・ブーツアライアンス[WBA]へ集中投資できていたら、24万円の利益を出せていたことになります。

「たられば」ですね。逆にメルク[MRK]やコカ・コーラ[KO]へ集中投資していたら、8万円程度の損失を出していたことになります。

今月の結論

個別株は難しい。

インデックス投資は楽ちん。

結局、そういうことなんですかね。ただ、短期間で判断せず、長期投資の目線で評価していきたいと考えています。

ダウの犬は継続していく予定ですので、随時、ブログに書いていきます。

タイトルとURLをコピーしました