スポンサーリンク

【実験コーナー】毎日100円積立 運用実績2021年9月

積立実験

こんにちは、こたろーです。

資産形成には「長期・分散・積立」がおすすめです。

それを実践するために何に投資すべきか? 選択肢はたくさんありますが、誰にでもできるオススメは「インデックス・ファンドの積立」です。

具体的にお勧めできる6つの投資信託を実際に積み立てしてみながら、運用状況を報告したり、投資信託選びのヒントを紹介していくコーナーです。

「毎日100円積立」の実験にエントリーした投資信託は、以下の6種類です。

「eMAXIS Slim」シリーズ(三菱UFJ国際投信)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
「楽天・バンガード」シリーズ(楽天投信投資顧問)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
「iFree/iFreeNEXT」シリーズ(大和アセットマネジメント)
  • iFree NYダウ・インデックス
  • iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス
スポンサーリンク

今月の運用実績

評価額

2021年1月1日から毎日100円の積立設定を開始しました。254日が経過した時点での状況をまとめます。

投資信託の「毎日積立」は営業日に買付します。運用会社やファンド休業日の影響で多少の変動があります。(世間的には営業日でも、買付の無い日もある)

現在の評価額は以下の図表の通りです。

ファンド評価額損益率
Slim S&P500¥18,05611.46%
Slim 全世界¥16,8808.90%
楽天・全米¥17,93010.68%
楽天・全世界¥17,5448.30%
iFree NYダウ¥17,4017.41%
iFreeN. NAS100¥18,56014.57%

推移

年初からの評価損益率の推移を比較した折れ線グラフです。

9月に入り、相場は少々不安定になってきました。上記は9/12時点での数値ですが、翌週はさらに下落しています。例年、9月は下落しやすいなんて言われていますが、今年もその傾向があるようです。ただ、調整と呼べるほどの下落ではないように感じますし、普通に積み立てていれば問題ないように感じます。

スポンサーリンク

投資信託選びのヒント

「積立」か「一括」か

投資信託による資産形成で、毎月の積立購入(分割購入。ドルコスト平均法)が良いか、まとめて一括購入が良いか、といったことが議論になることがあります。

この記事では、「長期・分散・積立」がおすすめ、としていて、インデックスファンドの長期の積立投資をおすすめしています。

インデックスファンドをおすすめする理由は、簡単に分散投資が実現できる点と、長期で右肩上がりが期待できるからです。10年20年それ以上の長期投資であれば、かなりの確率で資産を増やすことができます。誰でも高い勝率で投資を始めることができるわけです。

では、「積立」はどうでしょうか。

実は、勝率とか投資効率といった観点で「一括」で購入した場合と比べ、それほど優位な点はないと考えています。積立で購入しても、一括で購入しても、右肩上がりが期待できる投資対象を長期で保有するのであれば、どっちでも良いかな、と。

むしろ、一括購入の方が保有期間が長くなりますから、結果的により多く資産を増やすことができる確率が高まります。一括で購入した直後に株価が下落するといきなり含み損、マイナススタートで精神的に凹むかもしれませんが、最初だけです。右肩上がりのはずですから。

じゃあなんで積立を勧めているの?ドルコスト平均法は素晴らしいってみんな言ってるけど?という疑問が出ますよね。

未来のことは誰にも分かりませんから、「こうやって投資すると100%勝てるよ」なんてことは言えないと思っていますが、確率の問題で「こうやったほうが勝ちやすいよ、負けにくいよ」ということはあると思います。

一般的に積立とかドルコスト平均法が取り沙汰されるのは、そのほうが受け入れてもらいやすい、つまり金融機関などの営業的な部分もあるかなぁ、と感じたりします。

わたしが積立をおすすめする理由も、似たようなものだと思っています。特に利益を得られるわけではないので営業ではないですが、投資というものを未経験の人にとっては、とっつきやすい投資方法だと思っています。月々、毎月のお給料から少しずつ捻出していく、というやり方がしっくりくる人って多いと思うんです。

結果的にドルコスト平均法のような買い方になりますが、それは「結果的に」であって、投資に回せる資金がたくさんあるのに、「ドルコスト平均法が良いと聞いたから」とわざとちびちび分割して購入する必要はないです。

心地よい投資生活を

積立をおすすめしていたくせに、一括の方が良いようなことを書くな、と怒られてしまいそうです。

よく「投資は自己責任」という言葉が使われます。右も左もわからない初心者にとっては、「またそれか、ずるいな〜」と感じるかもしれません。わたしも最初、そう感じました。「自己責任」と書かれたWebサイトをたくさん読み漁って、少しずつ考え方に慣れていきました。

投資はマインドも大事です。

もちろん、市場動向を把握したり、理論立てて効率の良い投資手法を見出したり、といったことも大切ではありますが、思い込みに陥って視野が狭くなったり、動揺して衝動的な売買をしたり、人間ですから、判断を誤ることもあります。誰だってそういう時はあると思います。

投資を続けるには、「穏やかな気持ちで、心地よく」いられることが大事だと考えています。

そうでないと、間違えてしまいます。後になって初めて気づくことです。

なるべくそうならないように、淡々と続けていくためには、自分にとって心地よい投資スタイルであることが大切です。わたし自身は、積立が好きでそのほうが心地よいです。そういうタイプの人は結構多いのではないでしょうか。逆に効率や高い成果にこだわる人は、積立より一括のほうが心地よいかもしれません。

まぁ、一括購入ができる人は資金に余裕がある人だけですから、たいていの人は毎月の収入から捻出して、いやでも積立になってしまう、ということもあるかもしれません。

いずれにしろ、投資のことばかり考えて、投資対象や積立か一括か、なんてことに悩み続けて、仕事も手につかず、睡眠時間も奪われて・・・なんていうと、せっかく人生を豊かにしたくて投資しているのに、なんのために生きているのかわからなくなってしまいます。

周りの情報に踊らされたり、誰かがそう言っていたから、というのではない、「自分にとって心地よい」やり方で資産形成していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました