スポンサーリンク
スポンサーリンク

スポンサーリンク

【実験|毎日100円】 投資信託100円積立 2021年運用実績まとめ

積立実験

こんにちは、こたろーです。

資産形成には「長期・分散・積立」がおすすめです。

それを実践するために何に投資すべきか? 誰にでもできるオススメは「インデックス・ファンドの積立」です。

具体的にお勧めできる6つの投資信託を実際に積み立てしてみながら、運用状況を報告したり、投資信託選びのヒントを紹介していくコーナーです。

「毎日100円積立」の実験にエントリーした投資信託は、以下の6種類です。

「eMAXIS Slim」シリーズ(三菱UFJ国際投信)
  • eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim 全世界株式(オール・カントリー)
「楽天・バンガード」シリーズ(楽天投信投資顧問)
  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド
  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド
「iFree/iFreeNEXT」シリーズ(大和アセットマネジメント)
  • iFree NYダウ・インデックス
  • iFreeNEXT NASDAQ100 インデックス
スポンサーリンク

2021年の運用実績

2021年が終わりました。

1月1日スタートで積立設定をした「毎日100円積立」の実験も1年が経過しました。2021年の結果を見てみたいと思います。

評価額

2021年1月1日から毎日100円の積立設定を開始しました。365日が経過した時点での状況をまとめます。

投資信託の「毎日積立」は営業日に買付します。運用会社やファンド休業日の影響で多少の変動があります。(世間的には営業日でも、買付の無い日もある)

評価額、損益率は以下の図表の通りでした。

ファンド評価額評価損益率
Slim 米国(S&P500)¥27,97119.53%
Slim 全世界(オルカン)¥24,94813.40%
楽天・全米(VTI)¥27,18617.18%
楽天・全世界(VT)¥26,10712.53%
iFree NYダウ¥26,72414.21%
iFreeNEXT NAS100¥28,36321.21%

推移

年初からの評価損益率の推移を比較した折れ線グラフです。

スポンサーリンク

投資信託選びのヒント

今回は、1年の振り返りとしてランキング形式で結果を見てみます。

投資信託は何十年と積立を続けるような利用方法をする商品ですから、比較検討をする際は単年で見ない方が良いと思いますが、まぁ、この実験は1年目ですので。。。

ランキング

評価額ランキング

順位ファンド評価額連動指数
1位iFreeNEXT NAS100¥28,363NASDAQ100
2位Slim 米国(S&P500)¥27,971S&P500
3位楽天・全米(VTI)¥27,186VTI(ETF)
4位iFree NYダウ¥26,724NYダウ
5位楽天・全世界(VT)¥26,107VT(ETF)
6位Slim 全世界(オルカン)¥24,948ACWI

だいたい予想通りの結果ですが、オルカンがちょっと違和感ありますね。楽天VTと同じくらいの結果になるはずだったのです。

これは、ファンド休業日の影響と思われます。

元本が違うのです。こちらの表をご覧ください。

ファンド取得額積立回数
iFreeNEXT NAS100¥23,400234回
Slim 米国(S&P500)¥23,400234回
楽天・全米(VTI)¥23,200232回
iFree NYダウ¥23,400234回
楽天・全世界(VT)¥23,200232回
Slim 全世界(オルカン)¥22,000220回

毎日積立の場合、ファンド休業日には注文が実行されません。

一般的な積立方法である「毎月積立」だと、月に1回必ず注文され、購入できない月などということは発生しませんが、「毎日積立」だと少し事情が異なるようです。

証券会社やファンドの種類によっても扱いが異なるかもしれませんが、やってみたら上表のような結果となりました。

2021年の積立結果を見てみると、オルカンだけ他のファンドと比べて12〜14日分も買い付けが少ない状態でした。

この状態で評価額によるランキングは、オルカンに不利ですね。

評価損益率ランキング

というわけで、よりフェアに順位を見られるよう、評価損益率のランキングです。

順位ファンド評価損益率連動指数
1位iFreeNEXT NAS10021.21%NASDAQ100
2位Slim 米国(S&P500)19.53%S&P500
3位楽天・全米(VTI)17.18%VTI(ETF)
4位iFree NYダウ14.21%NYダウ
5位Slim 全世界(オルカン)13.40%ACWI
6位楽天・全世界(VT)12.53%VT(ETF)

これで見ると、違和感のない結果ですね。

2022年も実験を継続します

2021年は、2020年に続いて米国株投資は誰でも利益が出せる「イージーモード」とか「ボーナスステージ」などと言われていました。

確かにこの2年間は株高でした。

ただ積立をしているだけで、この実験の結果のように年間で10%〜20%もの利益が得られました。投資先をある程度アバウトに選んでも、です。

しかし、2022年、年明けから様相が変化してきたかもしれません。

2021年後半はFRBのテーパリング開始時期が注目されていましたが、年末から年始にかけては、金利引き上げ時期について、そして、QT(量的引き締め)について、予想より前倒しされるとの観測が加熱しました。

株価にも影響が出ています。

グロース株からバリュー株へと、トレンドが移行するという人もいます。

この2年、NASDAQ100は強かったですが、果たしてどのような展開になるでしょうか。

今年もこの100円積立実験を続けながら、見ていきたいと思います。

このように市場動向を追い続けるのは投資初心者にはハードルが高いと思いますので、資産形成としておすすめなのはやっぱり、信頼できるお気に入りの指数に連動した投資信託を、相場が良い時も悪い時も変わらず淡々と買い続け持ち続ける、「長期・分散・積立」投資ですね。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【応援クリック励みになります】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ にほんブログ村

ご訪問ありがとうございます
ブログ管理人
こたろー

40代から米国株投資を始めました。
投資信託と高配当株のハイブリッドで資産運用に取り組んでいます。

こたろーをフォローする
積立実験
スポンサーリンク
スポンサーリンク
こたろーをフォローする
スポンサーリンク
こたろーの米国株投資
タイトルとURLをコピーしました