スポンサーリンク

わたしのつみたてNISAの積立戦略(退職金運用)

投資雑感

こんにちは、こたろーです。

つみたてNISA口座を開設して、2019年8月から投資信託の積立をしています。

年間40万円、毎月33,333円の積立資金については給料から出していましたが、先日会社を辞めたことで毎月の収入は無い状態になりました。つみたてNISAだけは絶対継続したい投資なので、退職金のうち400万円を「つみたてNISA10年分」として確保することにしました。

ここで、ふと欲が出てというか思いつきがありまして、10年ずっと400万円のキャッシュを遊ばせておくのはもったいないな、と考えるようになりました。必ず確保したいキャッシュだったはずで、リスクに晒すのは本末転倒なのですが、今回の記事はそんなお話です。

わたしのつみたてNISA

現在の運用

現在、以下のように運用しています。

投資信託

「eMAXIS Slim 米国株式(S&P500)」を選びました。

鉄板ですね。

証券会社・積立設定

松井証券さんでつみたてNISA口座を開設しました。

毎月の積立設定は、100円〜33,333円の範囲で設定でき、ボーナス月の増額が可能です。

わたしの設定は、通常月は「33,300円」、年2回のボーナス月に+200円の「33,500円」としました。これで年間40万円ちょうどです。

しかし、なんで年間上限額を12で割り切れない数字にしたんですかね。。。つみたてNISAは素晴らしい制度だと思いますが、この点はいまいちと感じます。

【おまけ】年の途中で開始しても上限額まで積み立てる!

わたしが口座開設したのは2019年8月でした。積立設定の上限額33,333円としても、8月〜12月の5ヶ月分、計166,665円を積み立てたところで2019年が終わってしまい、積立枠を233,335円分余らせてしまうことになります。これはもったいない。

と思いまして、積立設定を繰り返し変更して、無理やり2019年中に上限の40万円分を積み立てすることに成功しました。

例えば、8/1に30,000円の積み立てが実行されるよう設定しておき、実行されたらすぐに積立設定を数日後に変更して、例えば次は8/10に30,000円の積み立てを実行、などとします。これを繰り返すと1ヶ月の間に積立設定上限額33,333円以上の積み立てを行うことができました。

こんな無理やりやらなくても、素直に松井証券さんにこんな時どうすればいいのか、問い合わせをするのが一番ですね(笑)

運用状況、今後の見通し

今年は積み立て3年目です。

下の表は、つみたてNISA制度の非課税期間20年間を年利6%で複利運用した場合の試算です。

元本評価額試算
(年利6%)
評価
損益率
2019¥400,000¥424,0006.00%
2020¥800,000¥873,4409.18%
2021¥1,200,000¥1,349,84612.49%
2022¥1,600,000¥1,854,83715.93%
2023¥2,000,000¥2,390,12719.51%
2024¥2,400,000¥2,957,53523.23%
2025¥2,800,000¥3,558,98727.11%
2026¥3,200,000¥4,196,52631.14%
2027¥3,600,000¥4,872,31835.34%
2028¥4,000,000¥5,588,65739.72%
2029¥4,400,000¥6,347,97644.27%
2030¥4,800,000¥7,152,85549.02%
2031¥5,200,000¥8,006,02653.96%
2032¥5,600,000¥8,910,38859.11%
2033¥6,000,000¥9,869,01164.48%
2034¥6,400,000¥10,885,15270.08%
2035¥6,800,000¥11,962,26175.92%
2036¥7,200,000¥13,103,99782.00%
2037¥7,600,000¥14,314,23688.35%
2038¥8,000,000¥15,597,09194.96%

こんなうまくいくわけない、のかもしれませんが、2021年5月現在の状況は、元本:¥933,200に対して評価額:¥1,268,894、評価損益率:35.97%、となっています。出来過ぎですね。

20年間こんな上昇相場が続くわけではないのでしょけど、平均して・20年という長期で見た場合、この表のようになってくれたらいいなぁ、と思っています。

そのためには、元本を毎年40万円積み上げていくことを途切れさせてはいけません。

冒頭で書いたように、10年分として400万円確保しました。2030年までの積立資金は心配する必要がありません。残り8年分は、今後なにか収入源を得るべく活動していくつもりです。

それはよいとして、この400万円、ただ遊ばせておくだけよりは、並行して運用した方が良くないか、と思い始めたのです。これ以外に生活資金は別途確保済みなので、キャッシュ比率が高過ぎてもったいない気がしてきたのです。

つみたてNISAの積立資金を積み立てる

こんなプランです。

  • 400万円のうち、今年分の40万円は手をつけない
  • 残りの360万円で投資信託を購入する
  • 年に一回、投資信託を40万円分取り崩す
  • この40万円をつみたてNISAの積立資金とする

うまくいけば、2031年以降の積立資金もまかなえるのではないか、なんて楽観的に考えました。

運用プラン

シミュレーション

税金考慮なしの概算ですが、年利8.2%で運用できれば、20年目の2038年まで資金が維持できそうな感じです。

評価額試算
(年利8.2%)
40万円
確保
残高
2021¥4,000,000¥3,600,000
2022¥3,895,200¥3,495,200
2023¥3,781,806¥3,381,806
2024¥3,659,115¥3,259,115
2025¥3,526,362¥3,126,362
2026¥3,382,724¥2,982,724
2027¥3,227,307¥2,827,307
2028¥3,059,146¥2,659,146
2029¥2,877,196¥2,477,196
2030¥2,680,326¥2,280,326
2031¥2,467,313¥2,067,313
2032¥2,236,833¥1,836,833
2033¥1,987,453¥1,587,453
2034¥1,717,624¥1,317,624
2035¥1,425,669¥1,025,669
2036¥1,109,774¥709,774
2037¥767,975¥367,975
2038¥398,149-¥1,851

税金2割が占める割合は年々増加していくことになるので、取り崩し額は40万円では足りなくなっていくとは思います。

利回りは、余裕を持って9%〜10%必要、ということになるでしょうか。

でもまぁそこまで欲張らなくても、普通に現金のまま持っていたら2030年までの積立資金ですから、2038年までとは言わなくても、2〜3年でもいいから延びてくれれば充分です。

購入するファンド

あわよくば年利10%も狙えて、でも絶対に積み立てを止めたくないので、10年間は確保したい、増えなかったとしても、減ってしまうのは困る。。。

わがままな要求ですね、我ながら。

この勝手な要求に答えらえれる可能性があるファンドして、以下の2つの投資信託を購入することにしました。

  • 楽天・米国レバレッジバランス・ファンド(USA360)
  • iFreeレバレッジ NASDAQ100

どちらも特定口座で積立中の、わたしの資産形成のメイン・ファンドですから、全く知らない商品というわけではありません。

レバNASなら、長期的に年利10%も夢ではないと思っています。ただ、低迷する期間が数年あってもおかしくありません。

USA360は、昨年は10%を超えるパフォーマンスでしたが、毎年そうではないと考えています。そこそこのパフォーマンスで、暴落相場での下落耐性が高いであろうことが選んだ理由です。

この2種類を同額保有して、株式市場が好調な時はレバNASを取り崩し、不調な時はUSA360を取り崩す、といったやり方でうまくいかないだろうかと考えました。

乞うご期待

さて、そんなうまくいくかどうか。

思いつきですが、試してみたくなったので、やってみたいと思います。

360万円一括購入でもいいのですがちょっと怖いので時間分散します。6月・7月・8月の3ヶ月間で「USA360:60万円+レバNAS:60万円」の120万円を3回購入する予定です。

どうなるか、ブログでも定期的に報告したいと考えています。

タイトルとURLをコピーしました