スポンサーリンク
スポンサーリンク
【オックスフォードインカムレター】
オックスフォードインカムレター オックスフォードインカムレター
スポンサーリンク
【オックスフォードインカムレター】
オックスフォードインカムレター

【My Blue-Chips|銘柄紹介】プルデンシャル・ファイナンシャル(Prudential Financial)[ティッカー:PRU]

個別株
【米国株ブログランキング】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こんにちは、こたろーです。

わたしの高配当株ポートフォリオ「My Blue-Chips」の構成銘柄を紹介していきます。

今回は「Prudential Financial」です。

なお、本記事における情報調査は、マネックス証券のツール「銘柄スカウター 米国株」を利用しました。

スポンサーリンク

企業情報

概要

プルデンシャル・ファイナンシャルは、年金保険、生命保険、退職金積立プランサービス、資産運用商品を提供する多角的大手保険会社である。複数の国々で事業を展開しているが、収益の大半は米国と日本で生み出されている。米国で2番目に規模の大きい生命保険会社である。

マネックス証券「銘柄スカウター 米国株」より引用

業績(売上高とEPS)

セグメント構成

キャッシュフロー

スポンサーリンク

投資情報

株価

日足チャート

(チャート画像の出所:finviz)

finviz dynamic chart for  PRU

配当

配当利回り配当性向
4.7%37.4%
スポンサーリンク

わたしのポートフォリオ

【PRU】保有状況
  • 保有株数:89株
  • 取得単価:79.19ドル
  • 評価損益:1,851.20ドル(+26.27%)

ポートフォリオ内の位置付け

1,4,7,102,5,8,113,6,9,12
TechnologyCSCOTXNIBM
HealthcareMRKABBVPFE
FinancialsUSBJPMPRU
Consumer(s)KOPGMCD
TobaccoMO, PM
CommunicationT, VZ
EnergyXOM, CVX

PRUは、わたしのポートフォリオの中では金融セクター銘柄で、配当受領月が3,6,9,12月の部分です。

買増タイミング検証

株価チャートに買い増し約定タイミングをプロットしました。過去2年分です。

黄色のラインは現在の平均取得単価です。

もともとポートフォリオのこの枠は、WFCを保有していました。

高配当でしたし、バフェット銘柄ということもあって気に入っていたのですが、コロナ・ショックで減配。

また、以前から不祥事のニュースがあり気になる部分でもありました。

ちょうどその頃、モトリーフールというサイトで紹介されていたこのPRUを知りました。

配当利回りも増配も高い水準で、フリーキャッシュに余裕があるのも魅力に感じて、WFCと銘柄入替をすることにしました。

最初の購入は2020年8月。

こうしてグラフで振り返ると、コロナ・ショックの底値で買えていたら…、などと欲が出てしまいますが、それでも上昇に転じる途中の安値で購入することができ、含み益が伸び続け1年近く買い増しのない銘柄でした。

2021年後半、特に2022年に入って利上げが始まってからは、流石に株価も下落する場面があり買い増し。株数も増やしています。

私はマネックス証券

わたしは米国個別株の取引はマネックス証券を利用しています。

【広告リンク】口座開設はこちらから
マネックス証券_米国株訴求

米国株取引の点では、他のネット証券より頭一つ抜けている印象で、ツールや画面も使いやすいと感じますし、随時改善を推進してくれる姿勢が好きです。

個人投資家向けの情報発信も充実しているので、これから投資を始める方にもおすすめできる証券会社です。

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【応援クリック励みになります】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
ブログ管理人
こたろー

40代から米国株投資を始めました。
投資信託と高配当株のハイブリッドで資産形成に取り組んでいます。

【SNSへのリンク】
スポンサーリンク
マネックス証券_米国株訴求 長期・分散・積立 投資のススメ!
個別株
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【SNSへのリンク】
スポンサーリンク
こたろーの米国株投資
タイトルとURLをコピーしました