スポンサーリンク
スポンサーリンク
【オックスフォードインカムレター】
オックスフォードインカムレター オックスフォードインカムレター
スポンサーリンク
【オックスフォードインカムレター】
オックスフォードインカムレター

【不労所得】今月の配当金=4万8千円 米国株 連続増配・高配当投資(2022年4月)

配当実績
【米国株ブログランキング】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

こんにちは、こたろーです。

投資信託の積立と高配当株投資のハイブリッドで資産形成に取り組んでいます。

わたしの高配当株投資は「My Blue-Chips」と名付けた米国株18銘柄を均等保有するポートフォリオで構成しており、月10万円(約1,000ドル)の不労所得を実現するのが目標です。

この記事では、高配当株投資の今月の配当実績について書いていきます。

スポンサーリンク

【高配当株投資】配当金報告

今月の配当金は4万8千円

2022年4月は合計「404.94ドル」の配当をいただきました。約48,000円です。

今月の配当金受領

404.94ドル
≒48,592円(1ドル120円で計算)

買い増しと増配により、配当額はアップしています。

  • 前年同月2021年4月:217.13ドル → 86.5%アップ
  • 同G前回2022年1月:398.19ドル → 1.7%アップ

配当金の内訳

今月の配当金の内訳は、下の図表の通りです。

ティッカー銘柄名配当[$]
CSCOCisco Systems40.36
MRKMerck56.43
USBU.S. Bancorp50.49
KOCoca-Cola47.03
MOAltria Group119.42
PMPhilip Morris International91.21
403.91

これまでの配当実績

受領済み配当(税引後)

通算配当受領額:6,577.59ドル
(約85万円)

スポンサーリンク

【高配当株投資】ポートフォリオ

保有状況

セクターと配当月を分散した18銘柄で構成しています。

1,4,7,102,5,8,113,6,9,12
TechnologyCSCOTXNIBM
HealthcareMRKABBVPFE
FinancialsUSBJPMPRU
Consumer(s)KOPGMCD
TobaccoMO, PM
CommunicationT, VZ
EnergyXOM, CVX
My Blue-Chips

銘柄選定に関しては、こちらの記事で書いています。

保有額・保有比率

【My Blue-Chips】現在の評価額
  • 評価額  :166,772.69ドル
  • 評価損益 :+32,012.47ドル
  • 評価損益率:+23.76%

均等保有になるよう買い増しをしています。

週毎の買い増し状況はこちらの記事で書いています。

配当利回り

【My Blue-Chips】現在の配当利回り

配当利回り(税引後):2.82%

銘柄毎の配当利回り(税引前)は下表の通りです。

銘柄利回り銘柄利回り銘柄利回り
CSCO3.10%TXN2.70%IBM4.99%
MRK3.11%ABBV3.84%PFE3.26%
USB3.79%JPM3.35%PRU4.42%
KO2.72%PG2.28%MCD2.22%
MO6.48%T5.89%CVX3.63%
PM5.00%VZ5.53%XOM4.13%

上の表の配当利回りは、最新の(わたしが把握できている)配当額×4÷株価の計算で算出したものです。税引き前の値です。

配当見込み

現在の保有額および配当利回りにおける配当見込みは以下の通りです。

【My Blue-Chips】配当見込み額(税引後)

年間配当見込み額:4,706.24ドル
(約61万円)

月平均で約5万円程度の不労所得が見込めています。

4月はAT&Tのスピンオフ、減配があったわけですが、まだまだ充分な高配当で恐れていたほどの影響はありませんでした。

今後もコツコツ買い増しを続けて長期保有し、増やしていきます。

増配状況

確認できている今年の増配状況です。「ー(ハイフン)」は未発表・未確認です。

今月はPG、T、IBMの3社の増配・減配の発表が確認できました。

銘柄増配率銘柄増配率銘柄増配率
CSCO2.70%TXNIBM0.61%
MRK6.15%ABBV8.46%PFE2.56%
USBJPMPRU4.35%
KO4.76%PG5.00%MCD
MOT−46.6%CVX5.97%
PMVZXOM
【My Blue-Chips】現時点の2022年増配率

ポートフォリオ全体の増配率:−1.35%

当然ですが、Tの減配が響いています。

Tの減配率は配当額で見ると−46.6%ですが、スピンオフしたWBD株の分でT株を買い増ししており、その増分を加味すると−30.8%と少し緩和されました。

そして、ポートフォリオ全体で見ると3%強のマイナスに留まり、銘柄分散の重要性を感じます。

ちなみにT減配を無視した場合の増配率は+2%ほどとなっており、ポートフォリオの半数が増配発表を終えた時点としてはまずまずの状況です。

スポンサーリンク

【高配当株投資】進捗状況

わたしは資産形成の期間を20年間と想定しており、インカムに関しては月10万円が目標です。

下図は、増配と配当再投資で毎年6%ずつ配当を増やせると仮定して、月300ドル(約3万円)からスタートした場合のシミュレーションです。

ポートフォリオを考えた2019年末から2年間で買い付け、現在はシミュレーションのラインを上回る形で運用できています。

T減配が心配でしたが、減配反映後も維持できています。

これまでのところ、3.0%以上の再投資は実施していて、増配率も4.0%程度が続いており、月10万円の不労所得は時間をかければ達成できる見込みです。

楽しみです。

スポンサーリンク

関連記事

月10万円の不労所得を目指す高配当株投資

資産形成プラン

本日もお読みいただき、ありがとうございました。

【応援クリック励みになります】
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村
ご訪問ありがとうございます
ブログ管理人
こたろー

40代から米国株投資を始めました。
投資信託と高配当株のハイブリッドで資産形成に取り組んでいます。

【SNSへのリンク】
スポンサーリンク
マネックス証券_米国株訴求 長期・分散・積立 投資のススメ!
配当実績
スポンサーリンク
スポンサーリンク
【SNSへのリンク】
スポンサーリンク
こたろーの米国株投資
タイトルとURLをコピーしました